1/08/2013

矛盾

落っこちて以降少しずつ回復してはいるものの、なんかモヤモヤするんだよね~

来週から学校の新しい学期が始まる(しかもこの学期は自分の中でかなり気合入れてく)ので、
それまでにしっかりしたい。
ちゅーことで、就活の時にやったような自己分析みたいのやってみた。
とりあえず思ったこと、考えてることを書きまくって整理を試みた。

たくさん書いてとりあえず自分の中で分かったのは、「役者としての自分」と「人としての自分」の間にギャップができてしまっているのではないかということ。

俺は簡単にいうと、「自分の存在を通じて人々をハッピーにしたい」。
それができると思ったから(そして自分が演技をやりたかったから)、役者になった。
でも俺は、役者としてだけではなく、Yuki Tamuraという人間を通じても人をハッピーにさせたい。

役者として素晴らしい演技を通じて人々をハッピーにできるようになろうと演技の努力をすればするほど、Yuki Tamuraという人間に余裕がなくなり、自分という人間を通じては人々をハッピーにできなくなってる。そして、自己嫌悪に陥る。
役者として成長する一方で、人間としては反比例していく。
(まー今は落ちピークは過ぎたけど)

てか、自分でいっぱいいっぱい。
情けない。すごい嫌だ。
人々に何か届けられるよう生きてるはずなのに、自分の事に必死。


こんなんだったら、商社マン時代のがよっぽど人をハッピーにしてた。

ぶっちゃけ当時の仕事を楽しいと思ったことなんてなかったけど、仕事を通じて確実になんかしら社会に貢献してた。人々の役に立ってた。
また、派手にお金を使って遊んだり(おバカな話だが)、人をいいレストラン連れてって喜んでもらったりしてた。
当時の自分のが今の自分よりよっぽど人をハッピーにし、世の中の人々の役に立ってた。
つーか、日本のサラリーマンってすごい。


役者になったのは、チャレンジだと思ってたけど、ただ当時の自分から逃げただけなのか…?



…そんなことはないはずだし、役者としても人間としても人をハッピーにさせる存在になることはできるはず。両方を追えないわけない。じゃなきゃ、この世の人々全員が仕事人間だ。

バランスが鍵を握るのか?
今週いっぱい使って整理して、すっきり新学期に臨みたいと思う。
しっくりくる答えが欲しい。








あーまた考え過ぎか?

"理想"
自分が好きな自分らしく生きて、その人間性で太陽となり、人々をハッピーにし、
かつ、その一方で、役者としても頑張って成長し、演技を通じても人々をハッピーにしたい。

わがままか?

1 件のコメント:

  1. 演技力、向上させる。
    やっぱそれだけだな。

    返信削除